プロフィール

Yuri Kawaguchi
モチベーションデザイナー®

graciousness(グレイシャスネス)とは優雅さ、丁寧さ、慈悲深さを意味する言葉。 起業するにあたり、一番の根底にある想いを社名にした。

京都生まれの東京在住。 メルシー(犬・トイプードル)をこよなく愛し、毎朝の愛犬との散歩が健康の秘訣。

米国留学より帰国後、2010年には働きたい企業ランキングで世界トップ50に選ばれている大手外資系企業に入社。 (参考:2010年の1位はGoogle社、10位はApple社、50位はMorgan Stanley社)

__________________________________________________________________________________

大阪にて社会人生活をスタート。
と聞けば一瞬華やかだが、その当時の外資系といえば変わり者の行き先。変わり者たちに囲まれながら、特に目標もなく会社に行って仕事して帰るという日々を繰り返す。

20代後半に東京転勤。
その辺りから少しずつ働くことの意味や意義、そして自分の求めていることを考え始め、経営陣にマーケティングセールス職への異動を申し入れる。 当時女性の内勤からのマーケティング職への異動は前例がなく、初の例となった。

企業人として仕事に明け暮れる30代。
 国内、海外の出張も多く、グローバルに活躍するとはこういうことなのかと身を以て知る。と同時に、グローバル化していく世界と、日本の人財育成のギャップを目の当たりにする。また女性の生き方や活躍についても大いに考えさせられる時にもなった。

それなりにポジジョンも手に入れた30代後半。
後輩たちからもキャリアや生き方についての相談を多く受けるようになり、これらが今の仕事に繋がっていくキッカケとなる。

このまま企業にいるべきか、それとも何かを始めるべきかと悩める40代に突入。 一人ニューヨークへ旅立ち、セントラルパークをひたすら歩き、考え、歩き続ける日々。帰国と同時に辞表を提出。 次の目標は人を育て、実現力を引き出すことだと決意し、2013年、人にフォーカスし、実現力を高めるサポートを行うためメンターとして独立、オフィスグレイシャスネスを立ち上げる。

現在は企業、そして個人に向けて、メンタリングを行っている。


<取得資格>
全米NLP協会公認資格(American Board of Neuro-Linguistic Programming)
本NLP協会公認資格(Japan NLP Association)
LABプロファイルプラクティショナー認定資格(The Language and Behavior Profile)
その他、海外(香港、ドイツ、シンガポール)にてコーチングコース、ビジネスコンサルティングトレーニング、セールスコミュニケーションコース等を多数修了している。

〒150-0012
東京都渋谷区広尾3丁目
TEL:050-3696-1029